住宅ローン審査が通らない理由は?

住宅ローン審査に通らない理由は何?

見出し
住宅ローン審査に通らない!とお悩みのあなた、審査が甘い銀行は本当に存在するのでしょうか?借り換えを含め住宅ローン審査に通りやすくするために役立つ情報をご案内します!

住宅ローンランキング!【審査でお悩みの方に!2017年11月版】

住宅ローン審査通らない理由を徹底解剖!

解剖
一生に一度の買い物を実現するために!

誰もがあこがれる一戸建てやマンションの購入に必要なのが、住宅ローン審査に通ることです。

しかしこの住宅ローン、自動車ローンを組んだりお金の借り入れを申し込んだりする時と違って、かなり手間のかかる事前準備が必要になります。

この事前準備というのは、単に書類をそろえるだけでなく、住宅ローンに関するさまざまな知識も身に付けなくてはならないので、準備の段階で住宅の購入をあきらめてしまう人もいるぐらいです。

そこでこのサイトでは、一人でも多くの人が自分の家を持てるように、住宅ローンに関する知識をお伝えすると共に、有利に進めるための方法や、少しでも支払いがお得になる金利や銀行の選び方などを、伝授していきます!

住宅ローンは、専門の書籍が数多く出ているほど奥深いものですが、基準を満たし通過するためのコツなどは、住宅ローン審査が通らない理由から探れば、案外、シンプルに見えてくるものです。

 

住宅ローン審査が通らない理由とは?
住宅ローンとは、言うまでもなく、銀行などの金融金融機関から融資を受けることです。

したがって、銀行は住宅ローン申し込み者の支払い能力を確認し、同時に、信用度のチェックもします。

具体的には、

  • 年収
  • 他社からの既存の借り入れ額
  • 頭金
  • 過去の金融会社との取引履歴

といった項目が重要事項になります。

ちなみに、「過去の金融会社との取引履歴」とは、クレジットカード等の支払いで延滞履歴がないかとか、消費者金融から借り入れをしていないか、ということです。

銀行や信用金庫などは、消費者金融から借り入れをしている人との取引は、嫌っているのが実状です。

こうした項目以外にも、銀行がチェックしている項目がいくつかありますが、まずは基本的な事項として覚えておいてください。

 

勤続年数や仕事内容までチェックされる?
上記のような基本的事項以外にも、住宅ローンの審査においては、現在勤めている会社の勤続年数や転職している場合の職種まで、チェックされることが多いようです。

勤続年数の長さは申し込み者の信用度に比例し、転職したばかりという状況は、再び転職する可能性があるとみなされて、住宅ローン審査が通らない理由になってしまいます。

また、転職してからそれなりの期間が経っていても、まったく違う業種や職種に転換していた場合も同様に、住宅ローン審査に通らないこともあります。

住宅ローン申し込みは、タイミングが一番重要です。

こうした審査基準をクリアできなくても、少し時期をずらせば、頭金が増えたり勤続年数が増えたりして、基準を満たすことができるケースがあります。

まずは、難しい専門用語などは後から覚えるような気持ちでリラックスして、このサイトを隅々まで読んでみてください!

住宅ローン審査通らない場合はどうすればいい?

研究
住宅ローン審査に落ちたら、申し込み内容を確認!

住宅ローン審査は、1つの金融機関で落ちてしまったら、他の金融機関に仕切り直して申し込みができます。

その際、ぜひとも実行してほしいのが、「自分のどこに、住宅ローン審査が通らない理由があるのか?」ということを推測することです。

住宅ローン審査に落ちてしまった場合、その理由を金融機関が教えてくれることはありません。

しかも、金融会社の事前審査に通って、担当者が大丈夫だろうと感じていても、本審査が通らないこともあります。

審査に通らなかったということは、どこかに問題点があるということなので、まずは、自分の申し込み内容を確認してみましょう!

 

他社からの借り入れを減らす?頭金を増やす?
金融機関の本審査まで進んだ場合は、担当者が申し込み内容を経験値で判断しているので、通過の一歩手前までいったと考えられます。

それにもかかわらず審査に落ちたということは、まず、自分の信用情報に問題があったことが考えられます。

たとえば、過去にクレジットカードなどで支払い遅延があった場合などは、高額の融資をする銀行では「信用度が低い人」という判断になってしまいます。

信用度に関して心当たりがない場合は、他社からの借り入れが多かったり、頭金が少なかったりした、といったことが住宅ローン審査が通らない理由として考えられます。

そんな時は、既存の借り入れを完済する、頭金を貯金や親からの資金援助で増やす、といった方法が考えられます。

住宅ローン審査通らない返済能力とは?

返済能力
住宅ローン審査のカギを握る返済能力とは?

銀行による住宅ローンの融資は、かなりの高額になります。

そのため、ローンの申し込み者に返済能力がないと、銀行は融資をしてくれません。

返済能力とは、文字通り、銀行が貸したお金を完済時まで返済してゆける能力のことです。

銀行がチェックする項目としては、年収以外に、他社からの借り入れ額、年齢、現在の会社の勤続年数などが挙げられ、これらの項目を総合的に考慮して返済能力を判断します。

会社員の方の場合は、これらの項目のうち、年収と勤続年数が重視されます。

年収に関しては、単に年収が高ければいいというものではなく、銀行では他社からの借り入れ額などを加味して、「返済負担率」という基準によって、融資する額を決めています。

この返済負担率は、各行で計算方法が異なりますが、計算式は年間の住宅ローン返済額÷税込み年収×100=返済負担率(%)

となり、年収300万円未満の人であれば25%以下、年収400万円以上の人でしたら35%以下になることがひとつの目安です。

この数字をクリアしないことが、住宅ローン審査が通らない理由となってしまうので、まずは、自分の年収と他社からの借り入れ額も考えながらから、返済負担率を計算してみましょう。

 

個人事業主やフリーランスの審査は?
会社員の方と違って、個人事業主やフリーランスの方の住宅ローン申し込みは、過去3年間の業績が黒字になっていることが必須で、起業してから間もない方にとっては、狭き門になっています。

また、業界の成長度を見られることもあり、成長企業と停滞企業での仕事でも明暗が分かれる可能性があります。

ただし、業績に関しては条件がかなり厳しいですが、業界の問題に関しては申し込み者の説明次第で、銀行の担当者を説得できるケースもあります

ライフプランに関しても、事業プランに関しても、具体的で実現性がある話ができれば、クリアーできる見込みはあります!

フラット35住宅ローン審査に通らない?

フラット35
金利や諸費用の面でお得なフラット35

フラット35とは、住宅金融支援機構と民間の金融機関が共同で提供している、長期間固定金利型住宅ローンです。

住宅金融支援機構の前身は「住宅金融公庫」で、住宅購入者に対して直接貸し付けをしていた国の機関で、現在は銀行などに資金の融通を支援しています。

住宅を購入する時は、住宅購入費や建築費以外に、保証会社の費用や団体信用生命保険などの諸費用がかかります。

しかしフラット35の場合は、保証費用は不要ですし、団体信用生命保険の加入は任意となっています。

また、金利が長期にわたって固定されているので、金利変動に左右されずにライフプランを立てられたり、返済中に余裕ができた時、一時的に多くの返済をする「繰り上げ返済」の費用も無料になったりと、メリットが多い仕組みになっています。

フラット35を利用するには、住宅がフラット35の基準に適合している必要がありますが、それに不適合なったからといって、すべての住宅ローン審査が通らない理由にはなりません。

あくまでも、フラット35の審査に通らないだけなので、一般の金融機関の住宅ローンに申し込めばOKです。

フラット35よりお得な金融機関もある?
このように、安心&お得なフラット35ですが、最近では、金融機関の単独住宅ローン商品として、フラット35よりお得なサービスが話題となっています。

たとえば、新生銀行の住宅ローンは、フラット35では発生する事務取扱手数料が0円となるほか、保証料、団体信用生命保険料まで0円というサービス内容になっています。

また、ネット銀行の住信SBIネット銀行では、団体信用生命保険料だけでなく、8疾病に罹ったり、交通事故に遭ったりして収入がなくなった時、支払いを保障してくれる保険料も無料になります。

住宅ローンを組むことは、長期的なライフプランを組むことでもあるので、金利の面に目を向けるだけでなく、こうした諸費用やリスクも考えた上で、最適な金融機関を選ぶとよいでしょう。


住宅ローン審査通らない 新生銀行研究 住信SBIネット銀行研究 イオン銀行研究 フラット35研究