住宅ローン審査申し込み

住宅ローン審査の申し込みと流れは?

申し込み
まずは金融機関に相談

マンションや一戸建ての購入、建築を決めたら、真っ先に行くところは金融機関の銀行ローン相談窓口です。

最初に窓口に行くときは、住宅ローンの専門知識がある人ではない限り、「まずは相談する」という感覚で、気軽に足を運んできましょう。

その場で、最初の段階で必要になる書類や、申込書の記入方法などを、担当者が教えてくれます。

金利が安いことで人気のインターネット専用銀行も、一部ではリアルの相談窓口を設けているので安心です!

そして、担当者に指示された書類の準備ができたら、担当者が申し込み者の返済能力や頭金をチェックして、ライフプランなどをヒアリングし、「融資できる可能性あり」と判断されたら、仮審査に進みます。

 

仮審査が通過したら、今度は本審査
仮審査は2,3日で結果が出るケースがほとんどですが、審査内容によっては1週間前後かかることもあります。

この仮審査というのは、銀行の担当者の個人的な判断なので、仮審査が通っても本審査に通るとは限りません。

仮審査後に行われる本審査では、銀行内での審査、そして、保証会社の審査が同時に行われます。

仮審査に通ったのに、本審査に落ちるケースは、多々、ありますが、銀行では住宅ローン審査が通らない理由を一切教えてくれません。

無事に、本審査に通過した場合は、銀行と金銭消費貸借契約を結ぶと同時に、土地や建物の移転登記を行います。

最後に、売買契約代金を売主に支払えば、物件の引き渡しが行われ、ようやくマイホーム獲得の夢が叶います。

ここまでかかる時間は、人それぞれですが、早い人だと1か月ぐらい、書類などに不備があると2か月以上かかることも珍しくありません。

もし、最初にローンを申し込んだ金融機関の審査に落ちてしまっても、次に申し込む金融機関の住宅ローン審査が通らない理由にはならないので、ご安心を!

住宅ローンランキング!【審査でお悩みの方に!2018年8月版】

サムネイル
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 保証料・収入印紙代は0円
  • 来店不要で時間の成約なし
  • がんと診断でローン残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%OFF
  • 疾病保障付き住宅ローンも容易
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保障が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35独自の審査基準で借りやすいと評判
  • フラット35最安金利と低い手数料を達成
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は手数料無料・ネットで10万円から
  • フラット35は団信保険料が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 固定も変動も低金利で人気
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 安定かつ継続した収入が年収の基準
  • 3大メリットなどサービスが充実
  • コンビニATM手数料はランクに応じ月最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


住宅ローン審査申し込みからの流れは?銀行選び!【基準の比較方法は?】記事一覧

審査が通ればマイホーム購入の夢が叶う!自動車を購入するために「自動車ローン」を組むように、一戸建てやマンションを購入するために、銀行や信用金庫などから借り入れをするのが「住宅ローン」です。利用目的が自由な銀行のローン(銀行カードローン)と違って、住宅を購入・建築・増改築をしたり、既に組んでいる住宅ローンの借り換えをしたりといった、利用目的が限られているのが特徴です。住宅を購入するには、言うまでもあ...

担保や連帯保証人の代わりとなる保証会社住宅ローンを組む時は、申し込み者がケガや病気などでローンを支払えなくなった場合に備えて、担保や連帯保証人を設定するのが一般的でした。しかし最近では、担保や連帯保証人の代わりに、保証会社を立てることが一般的になっています。保証会社とは、銀行とローンの申し込み者の間に入って、申し込み者の信用を調査し、住宅ローンを支払える能力があるか確認する機関です。銀行でも住宅ロ...

金融機関によって大きく変わる特徴住宅ローンは、銀行、信用金庫、ゆうちょ銀行など、さまざまな銀行で取り扱っています。金利は各行でさまざまなプランを打ち出していますが、安い金利に飛びつかずに、複数の金融機関で住宅ローンの相談をして、徹底的に比較&検討しましょう!一番利用者数が多いのは銀行ですが、都市銀行より地方銀行のほうが審査が緩い傾向にあります。ただし、住宅ローン審査が通らない理由が分かりにくいとい...

「頭金が2割必要」は過去の話?住宅を購入しようと考えた時、真っ先に悩んでしまうのが「頭金がいくら必要なのか?」ということです。昔から、頭金は住宅購入にかかる費用の2割の額が必要と言われてきましたが、これは住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)のローンで必要とされていた額のため、一般論として浸透したようです。しかし今では、申し込み者の収入や年齢によっては、頭金は住宅金融支援機構が提供するフラット35...

万が一の病気や怪我のときに!住宅ローンというのは一般的に、何十年にも渡って支払い続けてゆくもので、繰り上げ返済などをしない限り、完済時の年齢は高齢になっていることが多いです。しかしこの長期間、まったく病気もケガもしないという人は稀で、年齢が高くなればなるほど、さまざまな病気のリスクが高まりますし、時には、命にかかわる病気になることも考えられます。そんな時に備えて、住宅ローンの契約時に加入するのが「...

他社から借り入れ額の許容範囲は?住宅ローンの返済能力というのは、年収が高いというだけ証明できるものではなく、ローン申し込み時点で、他社からの借り入れ額がいくらあるか、ということにも大きくかかわってきます。この他社からの借り入れは、住宅ローンの審査において2つの側面から影響を及ぼします。まず1つ目は、その借り入れ額です。住宅ローンの審査においては、既存の借り入れが年収に対して占める割合であるが重視さ...

消費者金融からの借り入れは返済してから申し込む!住宅ローンの申し込み時において、保有しているローンカードの枚数が多ければ多いほど、審査のマイナス材料になってしまいます。中でも、消費者金融会社のカードを利用していると、現在は滞りなく返済ができていても、いずれは返済ができなくなる可能性があるとみなされたり、そもそも、消費者金融から借りていること自体、金銭感覚に問題ありと判断され、住宅ローン審査が通らな...

ご主人の単独ローンなら問題なし住宅ローンの申し込みにおいては、銀行と保証会社による審査が行なわれます。この審査は、ご主人が単独でローンの申し込みをする場合、配偶者や同居する家族などは審査対象にならず、奥さまが仕事に就いているかとか、子供が何才かといったことが確認される程度です。ローン審査においては、申し込み者の同意のもとに、銀行や保証会社は各ローンの借り入れ状況や、過去の借り入れにおける事故(支払...

持病があると住宅ローン審査が通らない理由に?住宅ローンを利用する時には、必ず、金融機関が指定した団体信用生命保険に加入しなくてはなりません。これは、住宅ローンを支払っている最中に、万一、ケガや病気などで働けなくなってしまった時に備えて、保険金の受取人を金融機関にした保険をかけるもので、ほとんどの金融機関が申し込みの必須条件としています。しかし、みなさんもご存知のように、生命保険というのは、今まで大...