住宅ローン審査と健康

持病が原因で住宅ローン審査に通らない?

病気
持病があると住宅ローン審査が通らない理由に?

住宅ローンを利用する時には、必ず、金融機関が指定した団体信用生命保険に加入しなくてはなりません。

これは、住宅ローンを支払っている最中に、万一、ケガや病気などで働けなくなってしまった時に備えて、保険金の受取人を金融機関にした保険をかけるもので、ほとんどの金融機関が申し込みの必須条件としています。

しかし、みなさんもご存知のように、生命保険というのは、今まで大きな病気やケガをしてこなかったり、現在も健康な人でしたら問題ありませんが、過去にこれからも再発する病気を患ったことがある、後遺症が残るケガをしたといった場合は、保険の審査に通らないこともあり、住宅ローン審査が通らない理由になります。

病気やケガをしたことがあるから、絶対に保険に加入できないというワケではありませんが、完治してからの期間がキーポイントとなるようです。

もちろん、現在、病気やケガを患っている人も保険の審査でマイナスになるので、まずは治療を終わらせることが先決です!

健康不安を抱えている人におススメの選択
金融機関の返済能力に関する審査は、年収や他社からの借り入れ額といった数字だけでなく、「定年まで働ける健康状態」ということも含まれます。

しかし、病気やケガは自分で完全にコントロールできるものではなく、ましてや、過去の疾患などはどうしようもないというのが本音ですよね?

そんな方におすすめなのは、住宅金融支援機構が提供している「フラット35」というサービスの利用です。

フラット35は、民間の金融機関と提携したサービスで、購入する建物が住宅金融支援機構が定める基準に合っていれば、団体信用生命保険に入らなくても、住宅ローンの申し込みができる仕組みになっています。

また、最近では新生銀行のように、フラット35を利用しなくても団体信用生命保険に加入しなくてもよしとする銀行もあるので、こうした銀行に申し込むのも選択肢になるでしょう。

ただ団体信用生命保険に加入しないとした場合には審査が厳しくなるという現実もあります。

住宅ローンランキング!【審査でお悩みの方に!2017年10月版】


住宅ローン審査通らない 新生銀行研究 住信SBIネット銀行研究 イオン銀行研究 フラット35研究