住宅ローン審査頭金

頭金が少ないと住宅ローン審査が通らない?

頭金
「頭金が2割必要」は過去の話?

住宅を購入しようと考えた時、真っ先に悩んでしまうのが「頭金がいくら必要なのか?」ということです。

昔から、頭金は住宅購入にかかる費用の2割の額が必要と言われてきましたが、これは住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)のローンで必要とされていた額のため、一般論として浸透したようです。

しかし今では、申し込み者の収入や年齢によっては、頭金は住宅金融支援機構が提供するフラット35の場合、購入価額の90%で済みますし、民間の金融機関なら、諸費用などは別として、頭金0円で購入できるケースもあります。

このように、以前ほど、頭金の額に関しては住宅ローンの審査において重要視されなくなり、目安はあっても基準はないので、住宅ローン審査が通らない理由にはならなくなりました。

頭金の額より重要なのが「無理のない返済」
とはいえ、頭金が多ければ多いほど、住宅ローンの審査に通りやすいのは事実です。

でも、それよりも重要なのは、住宅ローンの支払いを開始した後の生活に無理がないか、ということです。

一戸建てでもマンションでも、住宅を購入した後は修繕費や管理費、固定資産税など、さまざまな費用がかかります。

また、子供の出産、中学、高校進学など、まとまったお金がかかる時期もあります。

こうした点も踏まえて、長期にわたって綿密なライフプランと返済プランを立てて、無理のない返済ができることが重要です。

夢のマイホームが欲しいがために、無理なローンを組んで生活が崩壊したのでは本末転倒ですから、現実的なプランを描いてみましょう!

住宅ローンランキング!【審査でお悩みの方に!2017年10月版】


住宅ローン審査通らない 新生銀行研究 住信SBIネット銀行研究 イオン銀行研究 フラット35研究