住宅ローン本審査

保証会社の本審査とは?

保証会社
担保や連帯保証人の代わりとなる保証会社

住宅ローンを組む時は、申し込み者がケガや病気などでローンを支払えなくなった場合に備えて、担保や連帯保証人を設定するのが一般的でした。

しかし最近では、担保や連帯保証人の代わりに、保証会社を立てることが一般的になっています。

保証会社とは、銀行とローンの申し込み者の間に入って、申し込み者の信用を調査し、住宅ローンを支払える能力があるか確認する機関です。

銀行でも住宅ローンの審査は、別途、行われますが、保証会社の審査は銀行より厳しいものとなっています。

なぜなら、申し込み者が住宅ローンの支払いが不能になった時、保証会社は申し込み者に代わって銀行にローンの残額一括返済し、銀行に代わって申し込み者から返済を求めてゆくからです。

保証会社を立てることが申し込み条件
保証会社の審査が厳しいがために、住宅ローンの申し込み時に、連帯保証人や担保を設定することを希望する申し込み者が多いようですが、ほとんどの金融機関では、こうしたことは受け付けず、保証会社の保証を受けることが必須となっています。

もちろん、保証会社の保証が受けられなかったら、住宅ローン審査が通らない理由になります。

保証会社は、金融機関が指定しているケースが多く、金融機関の子会社の審査を受けるケースが多いです。

また、保証会社の審査がOKになると、返済期間に応じて保証料が発生するのも特徴の一つで、住宅ローン借り入れ時に一括払いする場合と、ローンとまとめて毎月返済していく場合とがあります。

この保証料は、借り入れ額と返済期間で決まりますが、50万円以上になるケースが多く、かなり負担になります。

住宅ローンランキング!【審査でお悩みの方に!2017年12月版】


住宅ローン審査通らない 新生銀行研究 住信SBIネット銀行研究 イオン銀行研究 フラット35研究