住宅ローン審査消費者金融

消費者金融からの借り入れで住宅ローン審査に落ちる?

消費者金融
消費者金融からの借り入れは返済してから申し込む!

住宅ローンの申し込み時において、保有しているローンカードの枚数が多ければ多いほど、審査のマイナス材料になってしまいます。

中でも、消費者金融会社のカードを利用していると、現在は滞りなく返済ができていても、いずれは返済ができなくなる可能性があるとみなされたり、そもそも、消費者金融から借りていること自体、金銭感覚に問題ありと判断され、住宅ローン審査が通らない理由になります。

したがって、消費者金融から借り入れがある人は、銀行に住宅ローンの相談をする前に、必ず完済しておきましょう!

また、インターネットで情報検索をしていると、過去に消費者金融から借り入れをしていることも、住宅ローン審査が通らない理由になると記しているサイトもありますが、この点は、あまり問題がないので安心してください。

ただし、消費者金融との取引で、支払い遅延などを起こしていないことは、絶対条件になります。

クレジットカードの借り入れは影響するのか?
消費者金融からお金を借りることは、銀行の担当者だけでなく、世間一般から見てもイメージが悪いことは理解できます。では、ショッピング目的でだれもが利用しているクレジットカードの扱いは、銀行ではどうなっているのでしょうか?

クレジットカードの場合は、キャッシングの利用状況と保有枚数などが審査でチェックされているようです。

キャッシング利用額に関しては、返済能力を下げる原因になってしまいますので、こちらも消費者金融同様、利用額をすべて完済してから住宅ローンの申し込みをしましょう。

カードの保有枚数ですが、何枚ものカードを持っていると、住宅ローンを組んだ後にそのカードを利用したりして、返済能力が下がることを懸念する金融機関の担当者もいるようなので、不要なカードは解約しておくことをおススメします。

住宅ローンランキング!【審査でお悩みの方に!2017年8月版】


住宅ローン審査通らない 新生銀行研究 住信SBIネット銀行研究 イオン銀行研究 フラット35研究