フラット35住宅ローン

フラット35住宅ローンの審査基準は?

フラット35
金利や諸費用の面でお得なフラット35

フラット35とは、住宅金融支援機構と民間の金融機関が共同で提供している、長期間固定金利型住宅ローンです。

住宅金融支援機構の前身は「住宅金融公庫」で、住宅購入者に対して直接貸し付けをしていた国の機関で、現在は銀行などに資金の融通を支援しています。

住宅を購入する時は、住宅購入費や建築費以外に、保証会社の費用や団体信用生命保険などの諸費用がかかります。

しかしフラット35の場合は、保証費用は不要ですし、団体信用生命保険の加入は任意となっています。

また、金利が長期にわたって固定されているので、金利変動に左右されずにライフプランを立てられたり、返済中に余裕ができた時、一時的に多くの返済をする「繰り上げ返済」の費用も無料になったりと、メリットが多い仕組みになっています。

フラット35を利用するには、住宅がフラット35の基準に適合している必要がありますが、それに不適合なったからといって、すべての住宅ローン審査が通らない理由にはなりません。

あくまでも、フラット35の審査に通らないだけなので、一般の金融機関の住宅ローンに申し込めばOKです。

フラット35よりお得な金融機関もある?
このように、安心&お得なフラット35ですが、最近では、金融機関の単独住宅ローン商品として、フラット35よりお得なサービスが話題となっています。

たとえば、新生銀行の住宅ローンは、フラット35では発生する事務取扱手数料が0円となるほか、保証料、団体信用生命保険料まで0円というサービス内容になっています。

また、ネット銀行の住信SBIネット銀行では、団体信用生命保険料だけでなく、8疾病に罹ったり、交通事故に遭ったりして収入がなくなった時、支払いを保障してくれる保険料も無料になります。

住宅ローンを組むことは、長期的なライフプランを組むことでもあるので、金利の面に目を向けるだけでなく、こうした諸費用やリスクも考えた上で、最適な金融機関を選ぶとよいでしょう。

住宅ローンランキング!【審査でお悩みの方に!2016年10月版】


TOP 新生銀行研究 住信SBIネット銀行研究 イオン銀行研究 フラット35研究