新生銀行住宅ローン

新生銀行住宅ローンにはどのようなメリットがありますか?

新生
フラット35よりもお得!?

住宅をよりお得に手に入れ、そして、住宅ローンを組んだ後も損をすることなく、安心して支払うためには、金利が安くて、初期費用としてかかる諸費用が安く抑えられるフラット35を利用するのがベストでした。

しかし、新生銀行で提供している住宅ローンサービス「パワースマート住宅ローン」は、フラット35以上のお得なサービス内容になっていて、大注目を浴びています。

その最大の理由は、契約時にかかる諸費用の合計額が、他の金融機関との比較はもちろんのこと、フラット35との比較でも圧倒的に安いからです。

パワースマート住宅ローンでは、事務取扱手数料、団体信用生命保険料がかかりません。

団体信用生命保険料は、新生銀行が負担してくれるので安心です。

この2つの費用がなくなるだけで、借り入れ金額によっては他の金融機関より50万円程度、フラット35より230万円以上も、諸費用の合計額が安くなります。

この他にも、繰り上げ返済手数料、ATM手数料といった、ローン返済中にかかる費用も無料になります。

審査基準が比較的明確
住宅ローン審査が通らない理由としてどの金融機関にも当てはまるのが、勤続年数の長さです。

金融機関の中には、最低勤続年数を明示していないところもありますが、新生銀行の場合は2年以上と明確になっており、仕事に就いている期間が空いていなければ、この期間内に転職をしていても、住宅ローン審査が通らない理由にはなりません。

また、自営業の方の場合は、開業して2年以上であり、2年間の所得平均が300万円以上であればよい、となっています。

新生銀行の場合は、ネットから申込書の請求をしたのち、電話や実店舗で気軽にローンの相談ができるので、知識がない人でも安心して申し込みができます。

住宅ローンランキング!【審査でお悩みの方に!2017年10月版】


住宅ローン審査通らない 新生銀行研究 住信SBIネット銀行研究 イオン銀行研究 フラット35研究